酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『未来のミライ』を観てきました!【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今回はつい先日公開になった『未来のミライ』をレビューします!

では、どうぞ!

未来のミライ』のあらすじ

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。
そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、
不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

“ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
父の面影を宿す青年との出会い。

そして、初めて知る「家族の愛」の形。

さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。
果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは? 
“ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは―

mirai-no-mirai.jp

平たく言うと、「甘ったれのイヤイヤ期のがきんちょが成長する話」です…かね。(笑)

ドクソの感想

正直、期待値はかなり下回った…な……。

でも、細田守さん映画ってスルメ作品的な魅力があって、何度も見るうちに「ええやん」となっていくので、たぶんこれもそうなんじゃないかしら、と思っています。

 くんちゃんにイライラする!(笑)

ドクソはまだ子育ての経験がないので、ちゃんとはわかんないですが、リアルなんですよ。くんちゃんの駄々っ子っぷりが。

イヤイヤ期っつってもくんちゃん公式では4歳なんですが、妹ができて両親は妹にかまいっぱなし、仕事もしてて忙しいしほっとかれる時間が増えて、妹に嫉妬してあれもいや!これもいや!になっちゃっているご様子……。

妹をいじめてお母さんに怒られ、号泣してるくんちゃんを見て妹も号泣…何この負の連鎖……地獄かよ……でも兄弟が生まれた家庭ならきっと「よくある光景(問題)」なんだと思います。(笑)

イヤイヤ期のお子さんを持っているお母さんやお父さんはきっと「めっちゃわかる」となるでしょう。

子育てしてないドクソでさえ「この野郎……」となりましたもん。

誰もが子供時代を経てきたということを思い出させられる

さて今回の細田作品は「子供の目線」にすごくこだわっているなぁと感じます。

ドクソが印象的だったのは、くんちゃんが何度目かの時を超える冒険で出会った女の子とのシーンかなぁ。

この女の子のセリフで、お菓子を「散らかして食べるとおいしい」っていうのがあって、なんか突然、子供時代の気持ちがぶわっとよみがえったんですよね。

宿題よりもゲームやっちゃうとか、ついつい散らかしちゃうとか、親に怒られてもやめられないこと、「どうしてこんなことするの!」って言われてもやっちゃうこと、絶対誰にでもあったはず。

普段はあんまり考えないけど、改めて考えるとやめられなかったこと、ついやっちゃうことって、子供の自分にとっては魅力的なことだったんだよな…と思い出しました。

そして、この女の子は自分が大人になってから、自分もやっていたことで自分の子供を叱るという……(真相は映画を観てね)。

このシーンがあるからこそ、自分を含むすべての大人に子供時代があったことにハッとさせられちゃいました。

また、くんちゃんの冒険のシーンは、過去も未来もとっても景色がドラマティックで印象的です。

サマーウォーズ』や『時をかける少女』でも見られた細田さんらしいSFみの強い映像もあり、これまでとはちょっとテイストの違う描写も見られたのが面白かったです。

 冒険では、子供だけでなく大人との出会いもありながら、成長していく過程が丁寧に描かれてます。

どの冒険もとっても鮮やかで、やさしい力強さが感じられますよ。

まとめ

まとめというか余談ですが、くんちゃんがはじめてミライちゃんと会った時の別れ際のシーン、ヒスイカズラ(と思われる花)が庭に咲き誇っているのが印象的でした。

ヒスイカズラは日本ではほとんど見られない絶滅危惧種の植物で(ディズニーシーにはあるそうです)、美しい花は数日で枯れてしまう珍しい花なんです。

花言葉は「私を忘れないで」。

オフィシャルなあれではなくて、ドクソの勝手な解釈ですが、この花の咲き方は短い子供時代の楽しさや短い人生の連なりのイメージ、また花言葉は、駅の新幹線乗り場のシーンに何か通じるものがあるような気がしてしまいますね。

単に不思議な花だしきれいだからっちゅーだけかもしれませんが。(笑)

主要キャスト

くんちゃん:上白石萌歌

ミライちゃん:黒木華

お母さん:麻生久美子

お父さん:星野源

謎の男:吉原光夫

ひいじいじ:福山雅治

 

監督:細田守

公開年:2018年

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村