酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『くまのプーさん』はたぶん想像を超えるコメディー作品だと思います【映画レビュー】

こんばんは!太田ドクソです。

職場の営業時間が変わって、なかなか生活に順応できず映画が全然観られない一週間でした…。

そういうわけで久しぶりの今回は『くまのプーさん』をレビューします!

プーさん映画はどれも短くて面白いんですが、この作品はなんと上映時間63分!

ではどうぞ!

くまのプーさん』のあらすじ

プーとクリストファー・ロビンら100エーカーの森の仲間たちは、ある日、しっぽをなくしたイーヨーのために「イーヨーのしっぽを探すコンテスト」を開催。ところがクリストファー・ロビンがナゾの怪物にさらわれてしまったことから、プーたちは予想外の救出劇を繰り広げることになる。

eiga.com

平たく言うと、「プーさんと仲間たちが遊んでいるのを眺める話」です。

今夜の酒とツマミはこれ!

今日の一杯は、「サッポロ 愛のスコール レモンサワー」です。

サッポロ 愛のスコール レモンサワー 340ml×24本 【ご注文は2ケースまで1個口配送可能です】

価格:2,998円
(2018/5/11 07:57時点)
感想(0件)

プーさんだからはちみつ系のお酒を…と思ったんですが見当たらず、感の色で選びました。(笑)

正直そんなにレモンの幹事はわかりませんでしたが、スコールは甘くておいしいので十分です。

ツマミにはパンチェッタをチョイス。

スコールで甘くなった口をリセットできる強い塩味がおいしいです。

ドクソの感想

さてさて…たぶん多くの人は「キャラは知ってるけどそういえば話よく知らんな」という感じだと思います。ディズニーランドの「プーさんのハニーハント」で観た気になってる人も多いのでは?

ほのぼの系ファンタジーだと思うでしょ?ところがどっこい、これはただのコメディーです。

過去作品には冒険ファンタジー風なのもありますが、今回はとにかくみんなのボケが止まりません。(笑)

もはやツッコミ不在の長編コント

100エーカーの森にくらすぬいぐるみたちのほのぼのとした日常を切り取ったほのぼの系ファンタジー。それがくまのプーさん

……ではありません。

繰り返しのお知らせですが、これはれっきとしたコメディー映画です!

63分間続くキャラクターたちの怒涛のボケ

常識も教養も必要がない100エーカーの森ではみんながみんなボケ放題。(笑)

話は噛み合わないし、王道のコントで休まるようなやりとり多数、プーさんは人の話なんて聞いちゃいません。(笑)

でもなぜか憎めないんだよね〜、かわいいー癒されるーって気持ちになります。

あ、一応、このお話は「絵本の中」という設定で、読み手が存在します。

ただしプーさんは絵本の登場人物なのに全然ちゃんと動きません。

まじで、この人がいなかったらまじで!!!(笑)

作品の中の唯一のツッコミポジションですね。

プーさんと語り手さんの掛け合いは可愛くてくすっときます。

作品自体、絵本の文章や文字を使った演出が使われていて、それがかなり可愛いです。

キャラクターの性格がよくわかる

もちろん主人公はプーさんなんですが、それ以外のキャラもしっかり活躍(と言う名のボケ)するのが本作の特徴ですかね。

全員にバランスよく焦点当ててる感じはちょっと感じました。

たとえば、カンガとルー親子(特にカンガ)は冒険についてこないなどカットされることも多いキャラ。

だけど本作ではしっかり登場してます。

「なんとなくこういう系のキャラなの……かな?」というよりは「この人こういうキャラなのか!」って見られるのでストレスないし、プーさん作品初めて見る人にも優しいと思います。

てか、プーさんはほのぼの系で誰にでも優しい思いやりのあるクマだと思ってる人多いでしょ。

あの人蜂蜜のためなら手段を選ばない暴君ですよ。

ピグレットに対する仕打ちがいつもひどい。(笑)

悪意がないから余計にひどい。(笑)

今回もすごかったね……ありゃハチミツ依存症だわ……でもハチミツビーチはめっちゃ可愛いしおいしそう。ディズニーランドにあーいうフォトプロップス作ったらめっちゃ人気になりそうな予感。

まとめ

たぶん、これ観たら「え、プーさんってそういう感じなの!?」と思うと思います。(笑)

サクッと笑いたいときにはおすすめですね。

今年の9月には大人になったクリストファー・ロビンが主人公の実写映画が、ユアン・マクレガー主演でやりますね。

たぶんあほ泣きする映画だと思うんですが、その前に予習として観るのもアリだと思います。

主要キャスト

プー:ジム・カミングス(亀山助清

クリストファー・ロビン:ジャック・ボウルター(渡邉奏人)

ピグレット:トラビス・オーツ(小形満

イーヨー:バド・ラッキー(石田太郎

ティガー:ジム・カミングス(玄田哲章

ラビット:トム・ケニー(龍田直樹

オウル:クレイグ・ファーガソン上田敏也

カンガ:クリステン・アンダーソン=ロペス(片岡富枝)

ルー:ワイアット・ホール(山田瑛瑠)

 

監督:スティーブン・J・アンダーソン/ドン・ホール

公開年:2011年

 

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】DVD▼くまのプーさん 2011▽レンタル落ち【ディズニー】
価格:1279円(税込、送料別) (2018/5/11時点)


 

サクッと映画を観たいときには動画配信サービスも便利ですよ!

スマホで観ながら寝落ちとか気楽でいいですよね~。