酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『ライオン・キング』は何度見ても壮大な親子の物語です!【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今日は『ライオン・キング』をレビューします!

今度劇団四季のライオンキングを見に行くので、予習もかねて久しぶりに見直しました。

ではどうぞ!

ライオンキングのあらすじ

サバンナの王として君臨するライオン、ムファサに息子シンバが生まれる。ムファサの弟スカーは、王の座を狙い、ムファサ暗殺を企み、罠にはまったムファサは絶命。邪悪な叔父スカーに父王を謀殺されたシンバは国を追われ、イボイノシシ等サバンナのはぐれ者たちと暢気なその日暮らしを送っていたが、恋心を抱く幼なじみのナラに、故国の窮状を訴えられ、皆を引き連れ帰郷、スカーと一対一の決闘に臨む……。

www.allcinema.net

 平たく言うと、「つらい過去を背負ったライオンの成長と戦い」ですかね。

今夜の酒とツマミはこれ!

今日の一杯は、「オリオン シークァーサーのビアカクテル」です!

【限定販売】オリオン シークァーサーのビアカクテル350ml24缶セット【2018-2019年季節限定】【オリオンビール(株)】【缶ビールのみ同

梱可能】【沖縄】

価格:4,266円
(2018/4/20 07:04時点)
感想(0件)

沖縄ビールとして有名なオリオン!

普通のオリオンビールもおいしいですが、これめっちゃくちゃおいしいよ!

ビールの苦みをシークワーサーの香りがうまく消していて、ビール苦手な人でもおいしく飲めると思います。

個人的には、はつらつとした新馬の少年時代のイメージで選びました。

ツマミは特になし!

ドクソの感想

もうオープニングの映像からしてスケールが半端ないですよね。

CGじゃないのに、迫力がぱねえ。

ドクソはいつも圧倒されすぎて、開始1分で大洪水です。

鑑賞するときは英語がおすすめです。曲がやばいので。

愛、絆、葛藤…人生で大切なものがすべてここに

シンバの人生はなかなか壮絶だよね、子供の時にお父さんのつらい死を経験して、国を追い出され、自分がわからなくなり……。

「ハクナ・マタタ」と言いながら、過去のことを思うと胸が痛んでしまう。

これね…大人にこそ見てほしい作品です。

ドクソがライオンキングを初めて見たのは、確か幼稚園化小学校上がったころだったと思うんですが、「らいおんかわいい~がお~ぷんばぁ~虫さんおいしそお~」ぐらいの感想でした。(笑)

物心ついた後も何度か見てる作品ですが、年を重ねるごとに理解が深まり、胸を突かれるような想いになります。

この映画には「達観している大人」がたくさん出てくるんだよね。

親としても、王としても素晴らしい器の人格者ムファサや、大人になったシンバに気づきを持たせ導く呪術師のマントヒヒ・ラフィキ。

ムファサもラフィキも、「自分が何たるか」をしっかりわかってるんですよね。

その使命を全うしている。

「人生の意味」は考えてもわからないけど、「考えること」が大切なんだっていうメッセージがありますね。

余談ですが、ラフィキの「時は来たり(It is time.)」ってセリフ、かっこいいーよねええ!!!ぞわっとします。

過去の見つめ方を考えられる

ラフィキのセリフに「過去は痛むもの」という言葉があります。

大人には刺さるんじゃないでしょうか……ドクソはザクッと来ました……

シンバははじめは、考えるのをやめ、逃げて暮らします。

だけど助けを求めて国を出て再会したナラと、風の導きであったラフィキに動かされて、過去を乗り越える。

そして最後には過去に打ち勝って、本来の自分の姿を取り戻していきます。

その時のシンバの覚悟を決めた表情にぐっときちゃいますね。

「ハクナ・マタタ」を歌う、ご機嫌なミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァでさえ、群れを出てきた過去があります。

彼らは「ハクナ・マタタ」の精神で楽しく生きていますが、おそらく過去を乗り越えた経験があるんだと思います。

大人になればいつまでも見つめられないつらい過去の一つや二つありますよね。失敗とか、失恋とか、誰かの死とか…。

でも、「過去は痛んで当然」という考えで暮らしてれば、しんどいことがあっても「そういうもんだ、ハクナ・マタタだな~~」と明るくいられる気がします。

まとめ

人生に悩みがある大人はぜひ見てほしいです。

アニメだからってなめちゃダメ!相手はディズニーだぞ!!

ていうか、「サークル・オブ・ライフ」を書いたのが「Your Song」で有名なエルトン・ジョンって初めて知った!

劇団四季のミュージカルも楽しみです。

主要キャスト

シンバ(子供):ジョナサン・テイラー・トーマス/中崎達也

※歌唱はジェイソン・ウィーバー

シンバ(大人):マシュー・ブロデリック/宮本充

※歌唱はジョセフ・ウィリアムズ

ムファサ:ジェームズ・アール・ジョーンズ/大和田伸也

スカー:ジェレミー・アイアンズ/壤晴彦

ティモン:ネイサン・レイン/三ツ矢雄二

プンバァ:アーニー・サベラ/小林アトム

ナラ:モイラー・ケリー/華村りこ

 

監督:ロジャー・アレーズ、ロブ・ミンフコ

公開年:1994年 

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


 

忙しくても映画が観られるよ!

動画配信サービスも使ってみてね!