酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『BAND AID(バンド・エイド)』は、夫婦のリアルな悩みをコミカルに描いた作品だった!【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今日は『バンド・エイド』をレビューします!

今月で結婚1周年を迎えるドクソ夫婦ですが、ある意味いい教訓になりました。(笑)

では、どうぞ!

BAND AID』のあらすじ

作家を夢見ながら、今はドライバーのアルバイトで家計を支える妻アナ(ゾーイ・リスター=ジョーンズ)。一方、夫のベン(アダム・パリー)は、デザイナーとしての仕事を時折請け負うものの、普段は下着姿で1日中家に引きこもるぐうたら男。日々ケンカが絶えない2人は、唯一、共通の趣味であるバンド活動で、なんとか夫婦関係を保っていた。だがある日、感情のブレーキが利かなくなったアナとベンは、過去に起きた“ある悲劇”を蒸し返し、激しい言葉でお互いを傷つけ合ってしまう・・・。

sites.sonypictures.jp

平たく言うと、「離婚目前の夫婦の夫婦がバンドを通じて再生していく話」です。

今夜の酒とツマミはこれ!

仲の悪い夫婦の話のラブコメなんて強いお酒が合うにきまってるでしょう!

ということで今日の一杯は「サッポロ キレートレモンサワーストロング」です!

サッポロ キレートレモンサワー ストロング 350ml×24本 【ご注文は2ケースまで同梱可能です】

価格:2,998円
(2018/4/6 07:45時点)
感想(0件)

これ、キターーーー!!!って感じ!

9%のものはお酒臭すぎて嫌という人も、これはレモンの香りが強いし、鼻に抜けるお酒の香りもきつすぎなくてよかったです。

さすがドクソのキレートレモンサワー。(笑)

おつまみは、塩辛をバター醤油で焼いた「イカの肝焼き」。手軽だし、生で食べるのとはまた違くておいしいですよ。

ドクソの感想

実は、うちも夫婦それぞれライブ活動をしているシンガー夫婦だったりします。

めったにやらないけど、夫婦で一緒にやるときのユニット名は「夫婦喧嘩」。(笑)

ドクソ、ゾーイとどっかであったことあったっけ?と思っちゃいました。(笑)

音楽って最強だな

ストーリー自体は意外過ぎる展開も特になく、「まあこうくるよね」「まーそうですよね」という感じで定石通りの夫婦系ラブコメだなという感じです。

でも、その「定石通り」にバンドが入ってくることで、お話に「そんな馬鹿な!(笑)」っていうテイストが加わって、普通なんだけど普通じゃない感じが面白かったです。

公式は「ロックンロールが二人をつなぐ」とコピーをつけてますが、どっちかっていうとフリースタイルバトルに近い感覚。

怒りを歌にっていう発想はロックですけどね!

音楽に限らず、「自分で作ったもの」への愛しさって何にも代えがたいものがあるよね。

事の起こりが喧嘩でも、ふたりでそれを音楽にしていくことで楽しさが生まれて、愛しさに進化していく過程は清々しかったです。

あと、ハープホルダーにピザはさんで食べながらギター弾くのめっちゃいいじゃん!と思いました。目からうろこ。(笑)

お花見とかでも活躍しそうなアイディア!

当たり前だけど会話が大事

喧嘩を歌にしようっていう発想がわくあたり、「この夫婦普通に仲いいやん」って思いますが、夢やぶれた経験があるとなるとまた別物ですね。

アナが「意味のあるものを作りたかった」と泣くシーンはつらかったな、、こういう気持ちを感じる女性って多いんじゃないかな。

SNSとかで「ワンオペ育児つらい」とか、「旦那だけ飲みに行ってて…」とかいう話はよく見かけるけど、女性は何かと「選択」を迫られることが多いんだよね。

やろうと思えばもちろん何でもできるけど、そうするには女性に対する社会の寛容さがまだ足りないなと感じることもあります。

だからこそ、「何をつらいと思ってるのか」をお互いが理解しあうことが大切なんだよね。

夫婦仲よしのドクソんちですら「ドクソの"悲しい"がどれくらいのサイズなのかいつもわかんない」って言われて険悪になることが時々あるし、無口な旦那には「言わないとわかんないよ」ってよく言います。

うちの旦那は「感情をコントロールする人」という点がベンに似てて、「あ~…」という感じで観ちゃったな。(笑)

喧嘩でも何でもいいから、「気持ちを伝えあうことが大事」というメッセージにもとれる作品でした。

ちょいちょいくそな雰囲気があるぞ(ほめてる)

ドクソが観るアメリカ映画は本当によく「ファック!」っていうから、「あれ、これ放送禁止用語じゃなかったっけ?アメリカ人ってそんなに使うの?」と思う……。

友達の子供の名前や、なんだかタイミングの悪いセックス、オープンマイクでのグダグダ感など

ある…あるぞ……ドクソの好きなクソ感……!!(笑)

くすくす笑えるクソ感、大好物。

下ネタも結構盛り込まれてますが、そこまでえぐいものじゃないオーソドックスなネタばかりなので、「アメリカ映画の行き過ぎた下ネタ苦手」という人も楽しめるんじゃないかな。

主演のゾーイ・リスター・ジョーンズが監督も務めてるから、下ネタのチョイスも女性がうえーってならないラインを上手く引いてるんだと思う。

というか、「喧嘩が絶えない夫婦」の話でありながら「なんだよのろけかよ(笑)」と感じる部分とかも結構あって、そのあたりはかなり女性的な展開だと思うし、女性向けだなとも感じます。

まとめ

わかりやすいからこそ気負わずに楽しめて、既婚者には「喧嘩も楽しめよ」というおちゃめなメッセージが飛んできます。

生活は小さなことの積み重ねだから、見直したり工夫したりを繰り返して、旦那といつまでも仲良くいたいなと思いました。(のろけかよ)

主要キャスト

アナ:ゾーイ・リスター・ジョーンズ

ベン:アダム・パリー

デイヴ:フレッド・アーミセン

シャーリー:スージー・エスマン

 

監督:ゾーイ・リスター・ジョーンズ

公開年:2017年

☆ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンド・エイド 【DVD】
価格:3245円(税込、送料別) (2018/4/6時点)


 

動画配信で観るのもお手軽でいいと思います。

U-NEXTは作品数も多いよ!無料視聴1ヶ月できるって!☆