酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『トイ・ストーリー』は好きすぎて上手くレビューができないから追記していきます(笑)【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

仕事がバタついて体力もメンタルも疲れ切ってるときは短めのアニメーション!

今回は『トイストーリー』をレビューします。

トイストーリー』のあらすじ

カウボーイ人形のウッディはアンディ少年の大のお気に入り。だがそれも誕生日プレゼントでアクション人形バズ・ライトイヤーを手にするまでの事だった。NO.1の座を奪われたウッディは何とかバズをこらしめようとするが、バズはバズで自分が本物のスペース・レンジャーだと思い込んでいる有り様。そんな二人がふとしたいざこざから外の世界に飛び出してしまう。なんとか我が家へ帰還しようとする二人だが、なんとアンディの隣に住む悪ガキのシドに捕まってしまった……。

www.allcinema.net

平たく言うと、「おもちゃの大冒険」ですね!

ドクソの感想

トイストーリーはシリーズ全作大好き!ディズニーピクサー合わせた全部の作品の中でも、3位以内には入るかも……。

ウッディーが一番「かわいい」時代。

トイ・ストーリーシリーズでは、ウッディーとバズの仲良しコンビが、お互いの足りない部分を補い合いながら支えあって冒険するという感じなので、結構ウッディーはずっと「かっこいい」キャラなんだよね。

でも、第1作目ではまだ「ウッディーとバズが仲良しじゃない」!!!これ、重要!

後に2作も出来ていて短編も多数、現在『トイ・ストーリー4』も制作中のトイ・ストーリーシリーズの中では「ウッディーとバズは仲良し」という絶対設定がありますが、1はまだ仲良くなってないんだよ~~~!!!!!(ドクソテンション上がりすぎ)

新しく入ってきた新入りに、「一番のお気に入りの座」を奪われたくなくてわちゃわちゃするウッディーが超かわいいです!

だんだん仲間たちも新入りのバズに取られちゃって、でも自分はその現状も受け入れられないし、いつまでもアンディーの一番のお気に入りでいたいのに…と、すごーく人間っぽいよねウッディー、そりゃそうだ、と思う。

でも、バズに身の危険が迫った時は、ちゃんと助けに行こうとするし、「バズと自分が一緒にアンディーのところにいることが大切」ということをちゃんとわかってる。

いいか、みんな!ウッディーの真のかっこよさとは、「カッコつけてるのにいまいち決まりきらない、でも仲間思い出めっちゃ優しい」というところにあるんだぞ!

まさにリーダーの鏡ですね。

まとめ

自分をガチのスペースレィンジャー」だと思ってる結構やばいバズをたっぷり堪能できるのは1のいいとこですね。(笑)

あと、ピクサー作品でありながら、初のフルCG作品というところで、表情とか動きとかがまだちょっとアニメっぽいのも昔の作品ならではだと思います。

言わずと知れた名作中の名作ですけど、たまに見ると童心に戻っていいですよ~。

主要キャスト

 ウッディー:トム・ハンクス唐沢寿明

バズ・ライトイヤーティム・アレン所ジョージ

ミスターポテトヘッド:ドン・リックルズ名古屋章

ハム:ジョン・ラッツェンバーガー(大塚周夫

レックス:ウォーレス・ショーン(三ツ矢雄二

スリンキー:ジム・ヴァーニー(永井一郎

ボー:アニー・ポッツ(戸田恵子

 

監督:ジョン・ラセター

公開年:1996年

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村