酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『ちはやふる-上の句-』は青春映画苦手意識を突き破る作品だった!【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今日は、昨日金曜ロードショーで放送された『ちはやふる-上の句-』をレビューします!

来週最新作『ちはやふる-結び-』が公開されるそうで、予告は映画館でも見ました。

正直ドクソは青春映画は全く興味がないしむしろ苦手なんですが、想像を超える面白さで鳥肌でした……。ではどうぞ!

ちはやふる-上の句-』のあらすじ

同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。小学校卒業を機に彼らはバラバラになってしまうものの、千早は単独で競技かるたの腕を磨く。高校に進学した千早は再会を果たした太一と一緒に競技かるた部を立ち上げ、この世界に導いてくれた新を思いながら全国大会を目標とする。

www.cinematoday.jp

 平たく言うと、「競技かるたに青春をささげる高校生の話、都大会編」ですね。

ドクソの感想

青春映画、24年生きてきて生まれて初めて見ました。(笑)

なんか、青春映画ってオチが最初からわかってるじゃん。若い子向けで話が分かりやすすぎるというか…。

恋愛ものだったら、「いろいろあっても結局主人公の恋は成就」だし、スポコン系だったら「なんだかんだあっても結局最後は優勝」だし。大体その間も、やれ三角関係だ、やれ最強の敵だ、全部どっかで見たことある感じになるじゃない。(個人の意見ですよ)

その感じが嫌で、ずーっと避けてきたんですよね。

でもね、そのわかりやすい雰囲気は損なわず、手に汗握らせ鳥肌立たせる『ちはやふる』、めっちゃ面白かった!!!

青春ものなのに、奥ゆかしさを感じる……!

なんでだろ、「かるた」だからかなぁ?

広瀬すず演じる千早が主にドタバタしてるし、他のキャラクターもかなりキャラ立ちしていてやかましい雰囲気もあるんですが、全体的に奥ゆかしい

物語のカットごとにあるテーマやキャラの心情を、かるたの和歌で表現してるからかな?

上白石萌音演じる奏をはじめとした何人かのキャラが、和歌の解説をしてくれるシーンがいくつかあるんですが、それがまたしっとりしてる雰囲気です。

また、青春映画にありがちなありきたりのラブシーンがない!!!

あれが結構、私の興味を削ぐ要因でもあるのでその点でも安心してみられる。

試合シーンの迫力に圧倒される!

試合シーンはそのしっとりした雰囲気から一転、ものすごい迫力です。

「ゆーてもかるただしな」と思って観ると度肝抜かれるぜ。「かるた」って文化系なイメージあるけど(茶道部とかが合間にやってたりしてそう)、めっちゃ壮絶なスポーツ!!

あの超絶美少女広瀬すずちゃんが顔をゆがめてかるたを取りに行く、鬼気迫る姿には鳥肌立ちっぱなしです!

皆の必死で一生懸命な姿にも胸が揺さぶられるし、うっかり身を乗り出して観てしまいました。

かるたが最後の1枚ずつになる「運命戦」のシーンなんかもう息もできない

あんなに集中して何かを待つこと、人生で一度も経験したことがないので、頭もいたくなるし、呼吸もなんか変になった。映画見てるだけなのに。(笑)

白目向いてぶっ倒れるシーンも、すずちゃんやり切ってましたね。(笑)

机くんの成長に大大大感動

どんな作品でも、チームものは「元気担当、おっとり担当、ギャグ担当、まじめ担当、可愛い担当」みたいなのが絶対あって、ドクソはいっつも「まじめ担当」に注目してみちゃうんですね。

で、ちはやふるにもいましたよまじめ系、俺は誰ともつるまない系

そんなまじめ系こと「机くん(駒野)」は、万年机にかじりついて勉強ばっかりしてるいわゆるがり勉くんですね。

野村周平演じる太一と、矢本悠馬演じる肉まんくん(西田)が勧誘してかるた部に加入することになります。

最初は「入部してるふりだから」といって自分のペースを崩さない机くんですが、千早をはじめとする仲間たちとのかかわりを通じて、だんだん心を開いて部活を頑張るようになります。

でも、彼の頑張りとは裏腹に、試合では成績振るわず……。

大会途中で帰ろうとする彼が、しんどい気持ちを爆発させたシーンでドクソは大泣きしてしまいました。

「一人でいればこんなことにならなかったんだ」っていう気持ち、わかるよ…特に10代の時はそういうの強く感じるときがあるよね…。

でも、最後はちゃんと仲間を信じて、自分にやれることをやるその姿に感動しました。

まとめ

たしか原作は2009年のマンガ大賞で大賞受賞してるんですよね、読みたい。

あと、個人的にドラマ『ごめんね!青春』に出演していた記憶が新しい西田役・矢本悠馬くんがよかった。

ルックスのインパクトもだけど、演技力でも印象に残ります。

ちはやふる-下の句-』は来週また金曜ロードショーで公開されるということで、楽しみに待とうと思います。

主要キャスト

綾瀬千早:広瀬すず

真島太一:野村周平

綿谷 新:真剣佑

大江 奏:上白石萌音

西田 優征(肉まんくん):矢本悠馬

駒野 勉(机くん):森永悠希

 

監督:小泉徳宏

公開年:2016年 

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村