酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『舟を編む』は松田龍平がずっとかわいくてかっこいい良作です。【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです!

昼頃突然自分の仕事のことで落ち込んで、このままじゃいかんぞ…と思い、このブログも頑張って書き続けるぞ、と思っています。

仕事関係で落ち込んじゃった時には『舟を編む』を見るに限ります!

ではレビュー!ごーごー!

舟を編む』のあらすじ

玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。

eiga.com

平たく言うと、「辞書作りに奮闘する男の生きざま物語」です。

今夜の酒とツマミはこれ!

舟を編むを見るときは日本酒がしっくりくるんですが(香具矢さんが小料理屋を営んでいるので何となく雰囲気があう気がする)、今日はちょっと疲れ気味だったので、「クリアアサヒ 桜の宴」にしました!

 


 

パッケージが春っぽくてかわいい~。最近あったかい日も多くて春めいてきてるのでいいですね。味の違いはわかりません。(笑)

つまみには余っていた温泉卵に塩昆布を添えたもの。いかにも小料理屋のお通しっぽいでしょ!(笑)

ドクソの感想

実は『舟を編む』は当時付き合ってた大好きだった彼に教えてもらって、「彼が好きなら私も好き!」みたいな不純な気持ちで観ていたんですが…その彼と別れた後に改めてちゃんと観たらストーリーもよく、ドはまりしたんだよね~。思い出の一本的な感じ。(笑)あ~、不純だねえ~。

まじめくんがずっとひたむきでGood!!

原作はもうちょっとチャキッとしたイメージですが、映画のぼんやりしててよくわかんない感じのまじめくんもいい。松田龍平もぴったりしっくりです◎

冒頭では、全然得意じゃない営業職で「一体こいつは何をやってるんだ……」状態の彼ですが、辞書編集部にうつってからは仕事に燃え、恋もし、まさに「人生を生きる」という雰囲気に。

まじめくんは名前の通りめっちゃまじめで、寡黙な男なんですが、その真面目すぎる感じや人付き合いがいろいろへたくそな感じがめっちゃ面白い。

オダギリジョーさん演じる先輩の西岡さんに近づこうとして頑張っているときの努力はわかるけど、なんかずれてる感は何回見ても笑います。

まじめくんは、いろいろと「できてない」んだけど、一生懸命やろうと努力しているところがすごく素敵に描かれてるので、共感できる人も多いはず。

この作品で、松田龍平さんは2014年の日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を受賞してるんですが、納得の「まじめ感」ですよ~。

マジメ以外も実力派ぞろい!中でもあのちょい役女優が最高。

実は、この作品では馬締役の松田龍平さん以外にも、まじめの想い人・香具矢を演じた宮崎あおいさんが優秀主演女優賞、先輩の西岡を演じたオダギリジョーさんが優秀助演男優賞、新人のみどりを演じた黒木華(くろきはる)さんが新人俳優賞を受賞しているんです。すごーい!

作品自体も優秀作品賞、さらには優秀監督賞も受賞していて結構いろいろとってるんですよ。

で、特に、まじめくんとかぐやちゃんは原作と微妙にキャラが違うんですが、でも、二人ともめっちゃ「まじめとかぐや」なのですごいなあと思います。

宮崎あおいって声も顔も可愛いからかわいい役しかできないと思われてること多いけど(earthのCMのイメージもあるな)、結構なんでもできるいい役者さんだよね。(『きいろいゾウ』、原作ファンでツマはあおいちゃんじゃないだろう……と思ったけど、見事にやりきっていて最高でした。)

それから、西岡パイセンを演じるオダジョー最高かっこいい、あんな先輩がいたら絶対仕事休まない!!!

時代の流れとともに流行をばっちり抑えたチャラチャラ感もかっこいい…好き……

などなど、あっちもこっちもいい役者ぞろいですが、中でもいいのは池脇千鶴さん!!!

劇中では西岡パイセンの彼女役で、チョイ役なんだけ、ど、も、うまいんだあ~~~……もう、自然。まじで付き合ってんのか?と思うくらい自然。

主要キャラたちももちろんだけど、これから見る人はぜひ池脇千鶴さんにも注目してみてほしい。ちょうどいい彼女って感じです。

まとめ

かなり静かな映画なので、体力的にしんどい時に見ると長く感じて飽きちゃうこともなくはない…ですが、基本的には役者さんもいいしお話も面白いので、こう、静かな闘志?みたいなのを感じながら見られる作品だと思います。

いわゆるアクション映画でいう盛り上がりみたいなのはありませんが、日常の中のうねりみたいな上がり下がりはあって、それがかなり生々しいです。

そして松田龍平の魅力が炸裂してるよ!!松田龍平気になる人はマストでみるべき作品ですよ!

主要キャスト

馬締光也:松田龍平

林香具矢:宮崎あおい

西岡正志:オダギリジョー

岸辺みどり:黒木華

荒木公平:小林薫

三好麗美池脇千鶴

 

監督:石井裕也

公開年:2013年

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舟を編む [ 松田龍平 ]
価格:4104円(税込、送料無料) (2018/3/7時点)