酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『LION 25年目のただいま』は生命力にあふれた作品だった。【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

喉は痛いままですが、体を起こせるようになったので今日も一本映画が見られました。

今回は『LION 25年目のただいま』をレビューします!

あらすじ

1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタコルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。

eiga.com

平たく言うと、「家族と生き別れたある男のすんげー実話」ですね。

今日の酒とツマミはこれ!

今日は昼間に鑑賞したので、酒は飲んでません(のどが痛くて飲めない……)。

ちょうどティータイム時だったので、映画のお供はカモミールティーとエクレアにしました。

ドクソの感想

現代版の奇跡は、いろいろすごい。

主人公のサルーは5歳の時に電車に迷い込んで遠くに運ばれちゃったことから迷子になっちゃうんだけど、たった5つだけの、しかも全然定かじゃない情報だけを頼りに25年後に帰ってきたという。。

すごくない?自分が5歳のとき何してたか覚えてる?

てか、グーグルアースまじやばいでしょ…奇跡に一役買ってるよ……ドクソも実家ググろうかな……(全然迷わず帰れる)。

また、キャストもよいです。

ニコール・キッドマンが演じる母は、優しいけど弱い部分があって、すごく人間としてリアルだった。それもまたよし。

あと『キャロル』で観て以来、ルーニー・マーラが気になるんですが、今回も奇跡の美しさでした。(キャロルの時は可愛かったけどね)

家族についてすごくすごく考えさせられる。

迷子になった先でサルーはオーストラリアのある夫婦の里子になって、恵まれた暮らしをします。

でも、じゃあ迷子になる前は全然幸せじゃなかったのかというとそういうことでもなく。

確かに、貧しくて過酷な生活だけど、本物の家族がいるという安心感とそこから生まれる生命力がむしろ力強く描かれているなあと感じました。

ドクソは、結婚を機に家族と不仲になっちゃったんで正直最近、家族愛的なものを扱う作品がめっきり苦手になったんだけど(笑)、でもうーん、そうよね。あったよね、そういう安心感、、とは思う(ガンコなのではっきり認めたくない)。

オーストラリアの家族と、インドの家族は、特に母の描き方が対照的で、でもどちらにもちゃんとサルーに対する愛があって。母ってどの国でもどんな状況でもパワフルだなあと思いました。

まとめ

かなり壮絶な人生の話ですが、生きることの力強さと心温まる家族の愛のストーリーです。

何度も言うようだけど、これが実話って本当に信じられない……。

前情報も何も持っておらず、 TSUTAYAでイチ押しされてたからレンタルしてみたので、「ライオンに育てられた子供の話」だと思ったら、ぜんっぜん違いました!(笑)

なんでタイトル『LION』なの?と思う人はぜひ最後まで見て、ぞわぞわ鳥肌立ててください!!

主要キャスト

サルー: デーヴ・パテール
ルーシー:ルーニー・マーラ
スー:ニコールキッドマン
ジョン:デビッド・ウェナム

監督:ガース・ディヴィス
公開年:2017年

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜[DVD] / 洋画
価格:3652円(税込、送料別) (2018/2/25時点)