酒のツマミと酔いシネマ

映画好きの25歳・女子が、観た映画の感想を好きなように書くブログ!

『アーティスト』は、古いのに新鮮で面白い作品でした!【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今日は『アーティスト』をレビューします!

現代ではめったにないモノクロサイレント映画ということで期待してみたんですが、すごくよかったです!

ではどうぞ!

『アーティスト』のあらすじ

1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。その後オーディションを経て、ジョージの何げないアドバイスをきっかけにヒロインを務めるほどになったペピーは、トーキー映画のスターへと駆け上がる。一方ジョージは、かたくなにサイレントにこだわっていたが、自身の監督・主演作がヒットせず……。

www.cinematoday.jp

平たく言うと、「サイレントのスター俳優と駆け上がっていく若手女優の話」です。

ドクソの感想

サイレント映画を題材にしている映画といえばドクソの中では「雨に唄えば」なんですけど、これは題材どころか「サイレント映画」そのものです。

古い手法ですが、トーキー映画に慣れている身としてはかなり新鮮ですね.

アカデミー賞もたくさん受賞しているので観る価値あると思います。

表情だけの演技なのにめっちゃ伝わる!

サイレント映画では音楽はなるんですが、セリフは差し込みの字幕になります。

んーと、口だけが動いて、そのあとに文字だけのカットが入る感じ。

映像「(・∀・)←口は動いてる」

字幕「おなかすいた」

みたいなことです。(笑)

ドクソは不勉強でサイレント映画をちゃんと見たのこの作品が初めてなので前作そうなのかもしれないんですが、この字幕がかなり少ないです。

なので、演者の表情と音楽の雰囲気で何が起きてるのかを感じるしかない。

だけど、だけどね!

作中、登場人物が何を話しているのか、何を思っているのかがめっちゃくちゃ伝わってくるんですシギ!!!

ジョージを演じたジャン・デュジャルダンと、ぺピーを演じたベレニス・ベジョの演技力がそうさせるんでしょうね…。

アーティストの舞台は1927年から始まるんですが、またその時代にいそうなお顔をしていらっしゃるんだわ……!!笑

サイレントだし、夜見るのは眠くなっちゃうかな~最後まで集中持たないかな~と思っていたんですが、そんなもんはただの杞憂でした。

ぐぐぐっと1920年代後半の世界に連れていかれますよ。

明快なストーリーだからこそ楽しめる!

先ほど「サイレント=雨に唄えば」みたいなことを書きましたが、登場キャラの雰囲気というか位置づけ?が似ている気がします。

主人公のジョージはサイレント映画の大スター、ヒロインのぺピーは新人で流行のトーキー映画で大活躍。

この感じはドンとキャシーの関係性にだいぶ似てますよね。

んで、スターの転落と新人の台頭、そしてその二人が惹かれあう関係……これはよくあるお話の一つだと思うので、わかりやすいです。

サイレントというあまりなじみのない手法の作品だからこそ、この「よくあるストーリー」も光って見えるのでウィンウィンだと思います。

昔ながらの手法だからか、作品全体の奥ゆかしさもかなり色濃いです。

「古き良き時代」と言いたくなってしまいますね~ドクソは1993年生まれですけど。

ちなみに、サイレント映画の全盛期を題材にしている映画には「トーキー映画(現在私たちが観ているような映像と音声がリンクしている作品)」が必ずかかわってくるように思います。

それだけトーキーの出現が革命的だったことがうかがえますね。

まとめ

サイレントって実際どーなの?と思ってる人、絶対見た方がいいです!!

作品自体のレベルがかなり高いので、安心感をもって見られますよ。

「あんまり音がうるさい映画の気分じゃない」みたいな時でも、サイレントなんで!

超静か!!リラックスしたい夜におすすめです。

主要キャスト

ジョージ・ヴァレンティン:ジャン・デュジャルダン

ぺピー・ミラー:ベニレス・ベジョ

ジャック(犬):アギー

アル・ジマー:ジョン・グッドマン

クリフトン:ジェームズ・クロムウェル

 

監督:ミシェル・アザナヴィシウス

公開年:2011年

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アーティスト [ ジャン・デュジャルダン ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/5/3時点)


 

動画配信サービスでの映画鑑賞もおすすめです。

U-NEXTは人気作品が多数そろってますよー!

『聲の形』は残酷だけど優しくて暖かい作品だった【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今日は『聲の形』をレビューします!

君の名は。の後くらいに上映されて、ドクソのまわりでは君の名は派と聲の形派に分かれてた記憶があります。

では、どうぞ!

聲の形』のあらすじ

”退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。
ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。
しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。
やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。
”ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子のもとを訪れる。
これは一人の少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとするものがたり――。

koenokatachi-movie.com

平たく言うと、「心を閉ざした少年と耳が聞こえない少女の話」です。

今日の酒とツマミはこれ!

今日の一杯は「ほろよい シトラスサワー」!

【2ケースで送料無料】サントリー ほろよい シトラスサワー 350ml×24缶 1ケース【限定】

価格:2,903円
(2018/4/27 08:17時点)
感想(0件)

復活フレーバーだそうですね、パッケージの爽やかな感じが聲の形っぽいかなと思って選びました。

すごい爽やかで、シトラス感に溢れてますよ〜。ゴクゴク飲めました。

ツマミは、花畑牧場のポークジャーキー

北海道 お土産 花畑牧場 ポークジャーキー 20g

価格:321円
(2018/4/27 08:18時点)
感想(0件)

まいばすけっとで見つけたんですが、これまじめっちゃうまい!!

噛み続ける限りずっとうまいです!

ドクソの感想

最近メンタルぐらぐらしてるのでめっちゃ泣くだろうなと思ってましたが、今回はそうでもなかった。

元気な時とかのが映画って泣いちゃうよね。笑

子供時代のリアルなしんどさ

特に前半、将也が心を閉ざしている頃は小学生の時の描写が多数あります。

その無邪気なしんどさというか、残酷さがすごいリアルに書かれています。

こういう言い方は合ってないかもしれないけど、障がいを持っている人は特に子供にとってはかなりビビッドというか、ショッキングな存在だと思います。(ドクソが通っていた小中学校にも車いすの子がいましたが、高学年くらいから孤立して、中学ではみんなから無視されてました。)

その、「自分と異なるもの」である硝子ちゃんと、「自分がいる場所こそ普通」と思っている周りとの距離感は苦しいほどリアルだなと思いました。

結果的に将也たちの行ったことはいじめですが、悪意からじゃなくて興味から来てるのがまたいかにも小学生。

受け入れられたいと頑張ると余計ダメになっていくのは子供も、大人になっても同じことですが、本当は受け入れたいのに上手くできない将也と硝子の関係は歯がゆくて苦しいですね。

また思いが伝わらないんだよなぁずっと……!!

ちなみに、この映画は母親の苦しみもひそかに、でもしっかり描かれているので親世代でも感じるものがあると思います。

食卓で、将也のお母さんがどなるシーンはぽろっと来ちゃいました。

すべてのキャラがあったかい

硝子ちゃんと将也はもちろん、登場人物が全員優しいんですよ。

大好きなお姉ちゃんの為に頑張る妹の結弦、小学生時代硝子ちゃんに唯一優しく接していた佐原さん、高校で初めて将也に出来た友達の永束くん。

他にも、小学生の時女子のリーダー的な存在だった直ちゃんも、その取り巻きのまじめちゃんの川井さんも。

皆がそれぞれ、大人になって「自分と世界のかかわり」をとらえなおしていくんですね。

現実問題学校はかなり閉鎖的な空間で、6年間も過ごす小学校は特にだと思います。

その世界がすべてだし、その後の性格にもかなりかかわってくる時期だと思う。

その時に受けた傷の重みで前が向けなくなっちゃう人って結構多いと思う。

ドクソも、「なんかこれ苦手なんだよな…」と思ってすごいすごい記憶を遡ったら原因が小学校ないし中学校にあったということがよくあるし。

ただ、周りの人たちは何とか世界と向き合って、自分なりに切り拓いていってるんですよね。

佐原さんは「怖いかどうかは乗ってから決めることにした」し、川井さんは「ダメなところも愛して前に進まなきゃ」いけないことをわかってる。

拓こうと頑張る将也の姿から、硝子も自分の命を見つめて、その連鎖は美しく鉄殻強いですね。

自分が歩み寄れば世界が拓けていくことに気づいたラストシーンの将也の涙には胸を打たれました。

涙があたたかいのがすごいよくわかるんですよ。

たぶんメンタル元気だったら死ぬほど泣いてた。(笑)

まとめ

想いは思った時に伝えないとダメだなあと思える作品です。

胸が痛むシーンが多いけど、人と触れ合うことの優しさや温かさがじゅわっとくるいい映画でした。

元気な時にもう一回見てわんわん泣こっと!笑

てか、結構名言が多いんだよね~~~!!

主要キャスト

石田将也:入野自由

西宮硝子:早見沙織

西宮結弦:悠木碧

上野直花:金子有希

川井みき:潘めぐみ

永束友宏:小野賢章

 

監督:山田尚子

公開年:2016年

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] 映画『聲の形』DVD
価格:3094円(税込、送料別) (2018/4/27時点)


 

遠出の時とか、GWに引きこもって映画見たい人はぜひ動画配信サービス使ってみてください!

アニメ映画もユーネクストは充実してますよ~。

『スウィングガールズ』は何かに情熱を持つことの楽しさを教えてくれる作品でした【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今日は『スウィングガールズ』をレビューします!

子供の頃に観たけど覚えてはなかった作品、めちゃめちゃ面白かったので、もう観た人もまだの人も是非観てほしいです!

スウィングガールズ』のあらすじ

サボりの口実としてビックバンドを始めた、“やる気のない”女子高生たちだったが、次第にジャズの魅力に引き込まれ、楽器は無いが自分たちだけのバンドを結成する。

www.cinematoday.jp

ドクソの感想

今をときめく実力派が多数出演!

何といってもキャストがすごい!!

現在実力派として活躍されてる俳優さん・女優さんばっかりです。

主人公の友子を演じた上野樹里さんは、この作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞してハネたそうですが、わかる!

だってかわいいもん!!

「なんかいぐねいぐねぇ~?」って!

かわいかったもん!!

元気だけど面倒くさがりでさぼりたがりなよくいる女子高生感と、ほどよいイモっぽさが映画にすごいマッチしてましたね。

あと、個人的に平岡祐太君は結構好きな俳優さんです。

ドクソの好きな方がランキングベスト3に入る「しあわせのパン」でも、田舎でくすぶってる青年やってたけど「くすぶってる役」が上手ですね。

てか吹奏楽部の部長が高橋一生でびっくり。(笑)このころまだ全然売れてないよね?

高橋さんファンの人も見るべき一本です、ちょい役だけど今とまた違う雰囲気ですよ。

やっぱさージャズっていいよねぇ

ジャズは詳しくないけどそこそこ聴ききます。

ジャズ、いいよね~。

というかジャズが出てくる作品は、曲がいいからか当たり作品が多い気がする…。

ドクソは映画と同じくらいディズニーが大好きだけど、やっぱりシーのビッグバンドビートは絶対見たいもんね。スウィングかっこいいし。

メロウなジャズものれるジャズも好き!

ラストの「シングシングシング」はマジでかっこいいです!

 てか、上野樹里ちゃんのリズムの取り方、乗り方がもう完全にジャズを楽しんでいる人のもので、ワクワクしちゃいますね。

ちなみに、この作品の最後の演奏会ではかっこよくジャズやってますが、あれ実際に演者がやったんだそうです。

主役級の人は3カ月ほど猛特訓して撮影に臨んだとか。

3カ月であんなんなる?と思っちゃいますけど、きっと血のにじむような努力があったのだろう……感服です。

頑張るって何?を教えてくれる!

 友子たちは、補修をさぼる口実で吹奏楽部でビッグバンドの練習をすることにして、最初はマジで「てめーら楽器に何してんだ!」と怒鳴りたくなるような不真面目っぷりです。(笑)

でも、馬鹿にしてたまじめちゃんがトロンボーンを吹けるようになって、闘争心が燃え、自分も音が出たら「あれ?なんか楽しいぞ?」、さらに皆で合わせてみたら「いぐね~!?」となっていく。

いかにも王道なストーリーだけど、この「物事に楽しさを感じて真面目に取り組んでいく」っていうのが爽やかでいいですよね。

退屈な田舎で、補修もつまんないし趣味も楽しみも何にもない、そんな女子高生がジャズに打ち込んでいく姿はかなり元気をもらえます。

サックスほしくてパソコンもプレステも売っちゃうんだから。(笑)

でも、本気でやるにはそれくらいの熱意?初期衝動?が必要だったりしますよね。

「できないからやらない」じゃない、「ヘタだからやらない」じゃないよね。

「やってみるからできる」し、「ヘタだけどやるからうまくなる」し、胸を打つんだよね。

やらない理由とあきらめる理由なんて口八丁でいくらでも作れるけど、「やる理由」に背を向けない人は強いなと感じました。

ドクソも筋トレとか、下腹痩せとか、貯金とか、やりたいけどやってないことちゃんとやろうと思ったよ。

まとめ

 思わず乗ってしまう最後の演奏会のシーンは必見です!

今人気を集めているいろんな俳優・女優さんたちの若き日の姿も楽しみながら観られますよ~。

主要キャスト

鈴木友子:上野樹里

中村拓雄:平岡祐太

斎藤良江:貫地谷しほり

関口香織:本仮屋ユイカ

田中直美:豊島由佳梨

小澤忠彦:竹中直人

 

監督:矢口史靖

公開年:2004年

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スウィングガールズ スタンダード・エディション [ 矢口史靖 ]
価格:3735円(税込、送料無料) (2018/4/26時点)


 

動画配信サービスでも映画を観ましょうよ!

ユーネクストは今なら31日間無料です!

移動時間が長い人とかにもおすすめですよ~。

『美女と野獣(2017)』は、もはや実写版の域を超えたディズニーの傑作です【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです!

今日は2017年に公開された『美女と野獣』の実写版をレビューします!

実はね…ドクソね……今日が結婚1周年記念日なんです!!(きゃー!)

去年の今日、区役所に婚姻届を届けた足でシネマイクスピアリでこの作品を観たんです~~。えへへ~~。

そんな大切な思い出の作品、丁寧にレビューしますよお!

今回は結構大ボリュームです。(笑)

美女と野獣』のあらすじ

魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく。

eiga.com

平たくいうと「あの美女と野獣」です。

今夜の酒とツマミはこれ!

今日の一杯は、「アルパカ・スパークリングブリュット」!

【ママ割最大9倍】アサヒ サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリング・ブリュット スパークリングワイン チリ 750ml ×1本(個) 5,000円(税込)以上のお買い物で使えるクーポン

価格:880円
(2018/4/19 07:24時点)
感想(4件)

美女と野獣の舞台がフランスなので(前もフランス=ワインで選んだ時あったね。ちなみにアルパカはチリワインです)ワイン一択!

ずいぶん前に開けたのでとっても微発泡になってしまっていた、、。

おつまみには、モッツァレラ湯豆腐たらマヨソースを作りました。

絹豆腐にスライスモッツァレラチーズ乗せて、レンチンするだけ!

ドクソは生たらこが好きなのでソースはあっためません。美味でした。

ドクソの感想

これはもはや再現VTR。

キャスティングがこれ以上なく「キャラそのもの」ですね!

いや~こんなにキャラにそっくりな人たちが世の中に存在してるんだね!!!

エマ・ワトソンなんて、ベルご本人すぎてハーマイオニーの子っていうイメージを見事に払拭したよね。

あと、ガストンを演じたルーク・エヴァンス

絶妙な肉食イケメン悪役面で、「前世でガストンだったの?」と聞きたくなるレベルです。

その他のキャスト(特に家来たち)も、アニメーションのファニーな外見を引き継ぎつつも、納得のキャスティングだと思いました。

ちなみに、燭台のルミエールを演じた俳優さんは先日観た『ビッグ・フィッシュ』で主演をはったユアン・マクレガーなんですよ!

また、お城の内装とか、ベルのドレスとかが完璧に再現されているので、本当に美女と野獣の世界の中に放り込まれちゃいますね。

実写版の「シンデレラ」では、なぜシンデレラの髪型変えたん…と困惑の声も結構見ましたが、もう美女と野獣はなーんも言うことないです。

ディズニーというひいき目無くしても素晴らしいミュージカル作品!

ディズニー作品の名作というひいき目をなしにしても、ミュージカルとして素晴らしいです。

俳優さんたちの歌唱力はもちろん、「キャラを演じながら歌う」という点が徹底されてますね。

ミュージカル映画で非常に大切な部分だと思います。

また、アニメーションにはなかったシーンを足して、ちょっとボリュームのある仕上がりですが、名曲が作品を彩っているので、飽きません。

アランメンケンによる新曲もあるので、長年ファンという人にも新しくて嬉しいですね。

ちなみに日本語吹き替えキャストも、主役を昆夏美さん、山崎育三郎さんが演じ、ほかのキャストも日本ミュージカル界を代表する錚々たるメンバーです。

一例をあげると、島田歌穂さんや濱田めぐみさん、村井國夫さんに吉原光夫さん!

身震いする豪華さですね。

では、作品の中でも特に大好きで素晴らしい2曲を個別にレビューしますよ〜。

「Be Our Guest」

前半の見どころの一つでもある、ルミエールによるおもてなしのシーンです。

アニメーションの中でも、とっても華やかなシーン!

もう、すっごいよ。

そこまでやる?と言いたくなるほどの華やかさ!

お城の中でベルが体験する初めての「楽しいシーン」なんですが、劇場で観た時も思わずにやにやしちゃったな。

ルミエールの魅力も大爆発です。ファンは爆散してしまうよ…。

というか、ユアン・マクレガーの歌声がルミエールにはまりすぎなのよ!

そして、ルミエールの恋人・プリュメットのデザインをアニメから大きく変えたのが生かされています、素晴らしい。

余談ですが時計のコグスワーズが乗ってくるシーンで。アラビアンな装飾があってアラジンイメージなのかしら…と思ったり。

関係ないですが、実写版アラジン撮影開始したそうですね!

それの伏線だったりして…ディズニーさんならやりかねない。

「Beauty And The Beast

 野獣とベルのダンスシーンは、映画史に残る名シーンですよね。

アニメーションでも、あのシーンにあこがれる女性は多いんじゃないかしら。

このシーンもね…再現性が高くて…本当に、心の底からうっっっっとりします

曲に行く前、ベルのドレスに柄をつける魔法のシーンが美しすぎてそこから泣いちゃう。

ドレスのデザインがちょっと違くて、アニメはドレープがたっぷりのふわふわしたかわいらしいドレスですが、実写ではちょっとすっきりして、聡明なベルにより合ってる気がします。

ていうか、曲と映像がこんなにぴったり合ってるシーンある??

ポット夫人を演じたエマ・トンプソンも、岩崎宏美さんも、どっちで聴いてもいいです。

美女と野獣は曲の美しさはもちろん、映像も楽しめるので最高です。

アニメとは違う設定がまたいい…

 さんざん再現V再現Vゆーてますけど、アニメとは違う設定も多数あります。

たとえば、アニメではお父さんのモーリスは発明家ですが、ここでは画家でありオルゴール職人(おもちゃ職人かな?)!

明るく陽気でかわいらしいキャラでしたが、いぶし銀のかっこいいお父さんになりましたね。

そして、なんと街ではベルが発明家の一面を発揮しています。

ガストンにもハッキリ意見するし、「ぼんやり空想家」なアニメのベルよりも「しっかり自分の価値観で生きてる」感じでした。

また、家来たちにかけられた呪いにも設定の違いが。

これはハッキリ書いてしまうとネタバレになるので割愛しますが、「切迫感」がアニメより強まっていて、作品のせつなさをマシマシにしています。

面白いシーンのクオリティーはそのままに、プラスアルファで面白くなる設定を足していく感じが素晴らしいです。

ドクソは、屋敷にガストンたちが侵入してくるときの「ガストン軍団VS家来たち」のシーンが楽しくて大好きなんですが、そのドタバタシーンはそのまま再現されていていっぱい笑っちゃいました!

まとめ

アニメーションファンの方にも、ミュージカルファンの方にもおすすめしたい作品です。

実写版は、エンドロールまでめちゃくちゃしっかり作りこまれていて、そのエンドロールがなぜかハチャメチャに泣ける美しさなので、ぜひ最後まで停止することなく見てほしいですね!!!!

英語版も吹き替え版も違和感なくみられますよ~。

ベルと野獣のように、これからも夫婦生活仲良く頑張ろうと思います! 

主要キャスト

ベル:エマ・ワトソン

野獣:ダン・スティーブンス

ガストン:ルーク・エヴァンス

ル・フウ:ジョシュ・ギャット

ルミエール:ユアン・マクレガー 

 

監督:ビル・コンドン

公開年2017年 

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美女と野獣 MovieNEX [ エマ・ワトソン ]
価格:3866円(税込、送料無料) (2018/4/19時点)


 

話題作もたくさん観られる動画配信サービスも活用して映画ライフを楽しんでくださいね!

 

『ライオン・キング』は何度見ても壮大な親子の物語です!【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今日は『ライオン・キング』をレビューします!

今度劇団四季のライオンキングを見に行くので、予習もかねて久しぶりに見直しました。

ではどうぞ!

ライオンキングのあらすじ

サバンナの王として君臨するライオン、ムファサに息子シンバが生まれる。ムファサの弟スカーは、王の座を狙い、ムファサ暗殺を企み、罠にはまったムファサは絶命。邪悪な叔父スカーに父王を謀殺されたシンバは国を追われ、イボイノシシ等サバンナのはぐれ者たちと暢気なその日暮らしを送っていたが、恋心を抱く幼なじみのナラに、故国の窮状を訴えられ、皆を引き連れ帰郷、スカーと一対一の決闘に臨む……。

www.allcinema.net

 平たく言うと、「つらい過去を背負ったライオンの成長と戦い」ですかね。

今夜の酒とツマミはこれ!

今日の一杯は、「オリオン シークァーサーのビアカクテル」です!

【限定販売】オリオン シークァーサーのビアカクテル350ml24缶セット【2018-2019年季節限定】【オリオンビール(株)】【缶ビールのみ同

梱可能】【沖縄】

価格:4,266円
(2018/4/20 07:04時点)
感想(0件)

沖縄ビールとして有名なオリオン!

普通のオリオンビールもおいしいですが、これめっちゃくちゃおいしいよ!

ビールの苦みをシークワーサーの香りがうまく消していて、ビール苦手な人でもおいしく飲めると思います。

個人的には、はつらつとした新馬の少年時代のイメージで選びました。

ツマミは特になし!

ドクソの感想

もうオープニングの映像からしてスケールが半端ないですよね。

CGじゃないのに、迫力がぱねえ。

ドクソはいつも圧倒されすぎて、開始1分で大洪水です。

鑑賞するときは英語がおすすめです。曲がやばいので。

愛、絆、葛藤…人生で大切なものがすべてここに

シンバの人生はなかなか壮絶だよね、子供の時にお父さんのつらい死を経験して、国を追い出され、自分がわからなくなり……。

「ハクナ・マタタ」と言いながら、過去のことを思うと胸が痛んでしまう。

これね…大人にこそ見てほしい作品です。

ドクソがライオンキングを初めて見たのは、確か幼稚園化小学校上がったころだったと思うんですが、「らいおんかわいい~がお~ぷんばぁ~虫さんおいしそお~」ぐらいの感想でした。(笑)

物心ついた後も何度か見てる作品ですが、年を重ねるごとに理解が深まり、胸を突かれるような想いになります。

この映画には「達観している大人」がたくさん出てくるんだよね。

親としても、王としても素晴らしい器の人格者ムファサや、大人になったシンバに気づきを持たせ導く呪術師のマントヒヒ・ラフィキ。

ムファサもラフィキも、「自分が何たるか」をしっかりわかってるんですよね。

その使命を全うしている。

「人生の意味」は考えてもわからないけど、「考えること」が大切なんだっていうメッセージがありますね。

余談ですが、ラフィキの「時は来たり(It is time.)」ってセリフ、かっこいいーよねええ!!!ぞわっとします。

過去の見つめ方を考えられる

ラフィキのセリフに「過去は痛むもの」という言葉があります。

大人には刺さるんじゃないでしょうか……ドクソはザクッと来ました……

シンバははじめは、考えるのをやめ、逃げて暮らします。

だけど助けを求めて国を出て再会したナラと、風の導きであったラフィキに動かされて、過去を乗り越える。

そして最後には過去に打ち勝って、本来の自分の姿を取り戻していきます。

その時のシンバの覚悟を決めた表情にぐっときちゃいますね。

「ハクナ・マタタ」を歌う、ご機嫌なミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァでさえ、群れを出てきた過去があります。

彼らは「ハクナ・マタタ」の精神で楽しく生きていますが、おそらく過去を乗り越えた経験があるんだと思います。

大人になればいつまでも見つめられないつらい過去の一つや二つありますよね。失敗とか、失恋とか、誰かの死とか…。

でも、「過去は痛んで当然」という考えで暮らしてれば、しんどいことがあっても「そういうもんだ、ハクナ・マタタだな~~」と明るくいられる気がします。

まとめ

人生に悩みがある大人はぜひ見てほしいです。

アニメだからってなめちゃダメ!相手はディズニーだぞ!!

ていうか、「サークル・オブ・ライフ」を書いたのが「Your Song」で有名なエルトン・ジョンって初めて知った!

劇団四季のミュージカルも楽しみです。

主要キャスト

シンバ(子供):ジョナサン・テイラー・トーマス/中崎達也

※歌唱はジェイソン・ウィーバー

シンバ(大人):マシュー・ブロデリック/宮本充

※歌唱はジョセフ・ウィリアムズ

ムファサ:ジェームズ・アール・ジョーンズ/大和田伸也

スカー:ジェレミー・アイアンズ/壤晴彦

ティモン:ネイサン・レイン/三ツ矢雄二

プンバァ:アーニー・サベラ/小林アトム

ナラ:モイラー・ケリー/華村りこ

 

監督:ロジャー・アレーズ、ロブ・ミンフコ

公開年:1994年 

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


 

忙しくても映画が観られるよ!

動画配信サービスも使ってみてね!

『キューティー・ブロンド』は、素直に明日から頑張ろうと思える良作でした!【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです!

今回は『キューティー・ブロンド』をレビューします。

つい先日観た『ハイスクール・ミュージカル』が影響を受けた作品ってウィキペディアに書いてあったので観てみました。

では、どうぞ!

『キューティー・ブロンド』のあらすじ

陽気で天然ブロンド美人のエル・ウッズ。大学ではファッション販促を専攻し、成績も優秀で女性社交クラブの会長を務めるほどの人気者。そんなエルがいま何よりも待ち望んでいるのが政治家志望の恋人ワーナーのプロポーズの言葉。しかしある日、ワーナーが切り出したのは別れ話。議員の妻にブロンドはふさわしくないというのが理由。突然のことに動転するエルだったが、ワーナーがハーバードのロー・スクールに進学すると知ると、自分もそこに進みワーナーに認めてもらおうとファイトを燃やし、みごと超難関の試験を突破するのだったが……。

www.allcinema.net

平たく言うと、「ぱっぱらぱーの人気者だった女の子がすっごい頑張る話」です。

今夜の酒とつまみはこれ!

ロスのイケイケな女の子が主人公ということで、今日の一杯は「サントリー海の向こうのビアレシピ<オレンジピールの爽やかビール>」!

サントリー 海の向こうのビアレシピ〈オレンジピールのさわやかビール〉350ml×24本【ご注文は2ケースまで1個口配送可能です。】

価格:4,998円
(2018/4/18 07:29時点)
感想(0件)

カリフォルニアの風を感じられる爽やかな味で、オレンジの香りがいいアクセントになってます。

美味しかった~、ちなみにカリフォルニアには行ったことありません!!!

今日のツマミはつまみというか、寒かったので牡蠣鍋作って食べました。

具合があんまり良くないときは牡蠣鍋に限ります。

ドクソの感想

ありふれたサクセスストーリーですが、女の子としての可愛さと女性としてのたくましさを兼ね備えた主人公のエルがキャラ立ちしていて、飽きずに楽しく観られました!

逆境をバネにとにかく一生懸命なエルがかわいい!

性格も、ファッションも、とにかくエルがかわいい~んです!

すごいパワフルなんだよね、「一生懸命」を人間にしたらあんな感じになると思う。

だって、フラれた男の後を追うために超超超難関大学の法学部受けちゃうんだよ、で、合格しちゃうんだよ!!ファッション専攻なのに!!!

初めは頭パッパラパーで大丈夫か?(笑)と思ったけど、実はエルはすごくストイック。

だってさ、「金髪だから」っていうだけでフラれ、授業では派手な見た目で笑われ、元カレの婚約者にはいじわるされ、…結構散々だよね?

ドクソだったらそっこー登校拒否。

でも、そうやっていろいろ見下されてるのに彼女の心はおれません。

むしろどんどんガンガン進んでいきます。

ハーバード大学に行ってからの、本当の意味で「自分を生きる」姿に勇気をもらう人は多いんじゃないでしょうか。

ランニングマシーンでウォーキングしながら難しい本読んで、テレビで「警察の腐敗」についてのワイドショー観てるんだよ。(笑)

ストーリーは明快で痛快!

最近見た作品の中で一番痛快なストーリーでした!

この作品は一生懸命なエルがずーっと可愛いけど、いろんな形の女の友情が感じられるところもポイント高いです。

ロスにいた頃の、「女の子としての喜び」で頭がいっぱいのチャラチャラした友達も、ハーバードに来ることで出会ったサロンの女性や大学の人まで、いろんなタイプの友情があって、そのどれもが必要なことなんだなあと思いましたね。

皆がいろんな角度からエルを認めてるの

ロスの子たちは「社交界の女王」として、ハーバードの人たちからは「勉強家で努力家」としてだんだん認められていく。

人との関係は「はぐくむもの」だなーとしみじみ感じちゃいますね。

痛快なストーリーって、登場キャラに対して「ざまーみろ!」って思うことが多いんだけど、この作品は素直に「やったあ!」って思える。

なぜかエルの友達みたいな気分で、観終わったあとは「友達が笑ってくれてよかった」みたいな気持ち。(笑)

でもスカッとするシーンもちゃんとあるよ!!Hoooo!!って感じ!

まとめ

日常の中でひねくれちゃった心をまっすぐに伸ばしてくれる作品でした。

ムカつくフラれ方をしたことがある女の子も元気になれると思います。

似てるようで全然違いますが、『ブリジット・ジョーンズの日記』とか好きな人も結構楽しんでみられると思う!

続編が2本あるそうなのでぜひ見たいと思います。

主要キャスト

エル・ウッズ:リース・ウィザースプーン

ワーナー・ハンティントン:マシュー・デイビス

エメット・リッチモンドルーク・ウィルソン

ヴィヴィアン・ケンジントンセルマ・ブレア

 

監督:ロバート・ルケティック

公開年:2001年

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キューティ・ブロンド&lt;特別編&gt; 【DVD】
価格:1410円(税込、送料別) (2018/4/18時点)


 

こちらの配信サービスでの映画鑑賞もおすすめ!

無料視聴期間もあるので活用して映画を楽しんでね!

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は、夢に見るくらいグロキモイ作品でした……【映画レビュー】

こんばんは、太田ドクソです。

今日は『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』をレビューします!

いや~先に言っときますが、グロいのと怖いのに免疫がない人は見ない方がいいです。

ドクソは正直「ゆーてティム・バートンのダークファンタジーだし」と軽い気持ちでいましたが、観終わったあとかなりしんどかったです……。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のあらすじ

フロリダで生まれ育ったジェイクは、周囲になじめない孤独な少年。そんな彼の唯一の理解者である祖父が謎めいた死を遂げた。祖父の遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古めかしい屋敷を発見。そこには美しくも厳格なミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちが住んでいた。やがて彼らと心を通わせ、夢のような時間を過ごしたジェイクは、自らに宿ったある"力"に気づき、屋敷に迫る恐るべき脅威に立ち向かっていくのだった……。

www.foxmovies-jp.com

ドクソの感想

 非常に言いづらいんですが、「やっちまったな…」という感想が何よりも先に立っちゃいますね…。

日曜に観たんですがホラー、サイコ系に免疫のないドクソはここ2日めっちゃ同じようなストーリーの悪夢にさいなまれてます…うう夜道が怖い……。仕事終わりの帰り道がしんどいよ……。

いや、もうダークファンタジーどころかホラーやん

 先にも言ったように監督はティム・バートンなんですよ。

ティム・バートンはすごい好きなの、『チャーリーとチョコレート工場』とか『フランケン・ウィニー』とか、ポップでキュートでちょっときもい部分が。

それも彼の特色だと思うし、ちょっとくらいなら笑って「ナハハ」で済みます。

でも、もうずっと怖いじゃんこれ!!!!

始まりからして不穏な音楽で、最初はワクワクしたんですよ「うわ~、怖い~www」みたいな。

ここから、華やかな目くるめくファンタジーの世界の扉が開かれていくのね…みたいな。

でも、15分経っても30分経っても40分経っても止まらない悪寒。

え?まって無理なんだけど?

確かにファンタジーな部分はあるんです、怪力少女とか空気より軽い女のことか透明人間とか。

た~だ、ダークな部分が強いねえ……

ティム・バートンはグロい描写をバーンと打ち出してくることが多いですが、今回はちょっとドクソの笑える範疇は越えたかな…。

怖いの無理だけど観たい、という人は昼に観よう

 いや、結構多いと思うんですよ「ホラーはだめだけどティム・バートンは好き」な人。

ディズニーとのかかわりも深い人物だし、なんすかね、キモ可愛い世界がうまいじゃない。

キモイとファンタジーのバランスがうまい監督じゃないですか。

大体これまではストーリーだけじゃなく、映像も混みで多く見積もっても「キモイ3:ファンタジー7」みたいな感じだったとドクソは思うんです。

この作品キモイ(怖い)の割合がかなり高いです。

まじで、ホラー系グロい系がダメな人はトラウマになるであろうシーンがめちゃくちゃあります。

でも、ティム・バートンだもん観たいよね。

怖いのはいや、でも彼の作品ならちょっと怖いもの見たさで観てみたい……という人は、昼に観ましょう。

夜はだめです。夜はだめ。いろいろ夢に見るよ。(笑)

怖い&グロいに目をつぶれさえすればストーリーはめっちゃ面白い

 さてここまで、「とにかく怖くてトラウマになった」話しかしてませんが、ストーリー自体は面白いです。

前半と後半で結構テイストが違うんだよね~。

前半はかなりのっぺりしてるというか、結構スロースタートな印象で「いつストーリー動くの?」という雰囲気。

なんだけど、敵である「ワイト」の存在が明らかになるあたりから、手に汗握ってつい前のめりになって見てしまいました。

後半は結構アドベンチャー色が強い!

そしてそのアドベンチャーが面白い!!

奇妙なこどもたちの個性が生かされる戦いは、「みんなちがってみんないい」とか「家族や大切な人を守る」という力強い優しさが感じられます。

……なので前半の怖い&グロいを我慢できれば、後半はワクワクと楽しめると思います。

つい「あー!うわっ!!」と力はいっちゃいますよ。

まとめ

結構難解なストーリーなので理解しきれなかった部分はあるけど、正直もっかい見直す気力はない……怖かった……。(結局怖いんかい) 

メルヘンホラー大好き!な人は楽しんでみられるのかもな。メルヘンホラー、ドクソはまどマギでいっぱいいっぱいすわ…。

今夜はいい夢見られますように…。

主要キャスト

ミス・ペレグリンエヴァ・グリーン

ジェイク:エイサ・バターフィールド

バロン:サミュエル・L・ジャクソン

エマ:エラ・パーネル

 

監督:ティム・バートン

公開年:2017年

 

ブログランキング始めました!クリックお願いします!☆

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち (初回限定) 【Blu-ray】
価格:3407円(税込、送料別) (2018/4/17時点)


 

U-NEXT